一味違う喫煙体験ができる!電子タバコについて紹介


電子タバコとはどんなものか

電子タバコとは、フレーバーリキッドと呼ばれる液体を加熱して気化させ、それを吸って香りや味を楽しむ器具です。英語でVape(ヴェイプ)とも呼ばれます。加熱の際には電気の力を利用することから電子タバコと呼ばれます。タバコという名前がついていますが、ニコチンやタールが出ない製品も少なくありません。フレーバーリキッドを直接注入するタイプや、専用のカートリッジを交換するタイプ、使い捨てタイプなど、様々な種類があります。器具自体も様々なメーカーから発売されており、自分の喫煙スタイルや好みに合わせて選ぶことができます。

フレーバーリキッドの種類や特徴

フレーバーリキッドは香りや味を楽しむための様々な成分が含まれています。タバコ葉を使用しているものではないため、ニコチンやタールを含まない製品が多いです。フレーバーリキッドの種類としては、タバコの味や香りを再現したタバコ系、刺激があり爽快感が強いメンソール系、コーラやソーダなどの清涼飲料の味を再現したドリンク系、リンゴやオレンジなどの果物の味を楽しめるフルーツ系、甘くて濃厚な味わいのスイーツ系といったものがあります。

電子タバコと紙巻タバコ、加熱式タバコの違い

紙巻きタバコと電子タバコの違いは、煙や出ないことです。電子タバコはリキッドを蒸発させたものを吸うため、排出されるのは蒸気です。このため、副流煙による健康被害を心配する必要もありません。タバコ葉を加熱するタイプの加熱式タバコが電子タバコと混同されることがありますが、両者は似て非なるもので、タバコ葉の使用・不使用で区別されます。そのため、加熱式タバコは従来の紙巻きタバコの代用品、電子タバコは禁煙グッズとしてそれぞれ人気を集めています。

ニコチンリキッドとは水蒸気タバコにニコチンを入れる為に使用するリキッドです。通常、水蒸気タバコにはニコチンが入っていないので、ニコニンリキッドを使用する必要があります。