電子タバコ(VAPE)で禁煙するメリットについて


喫煙しながら禁煙ができる

タバコをやめたくてもやめられない、習慣化してしまい気が付いたら吸っているなどお悩みの方は電子タバコに変えてみてはいかがでしょう。電子タバコはVAPE(ベイプ)とも呼ばれ、ニコチンやタールを含まないフレーバー付きの水蒸気を味わうものです。タバコはニコチンへの中毒性のためにやめられないとも言われますが、一方で吸って吐くというその単純な行動が習慣化するためにやめることができないとも言われています。つまり、その行動を維持しながらニコチンとタールを除去することで禁煙の第一歩となるとも考えられるのです。

社会的にも認められる

また、電子タバコはフレーバー付きリキッドを使用するため、たばこ葉を使用しておらず、吸い殻やたばこのにおいもありません。もちろん受動喫煙のリスクもないため、周囲に迷惑をかけることもありません。また飲食店などでも電子タバコは利用可とするところが多く、社会的にも認められる傾向にあります。リキッドのフレーバーは本来のタバコに近いものやすっきりしたミント系から、スイーツやフルーツなど甘いものまで様々です。

長期的にみればメリット大

初期費用はやや高額に見えるかもしれませんが、灰や吸い殻が出ないという環境への配慮や、煙やにおいが出ないという周囲への配慮、健康へのリスクを激減できることなどを考慮すれば長い目で見て非常にメリットが大きいと言えます。また電子タバコは世界各国でも受け入れられファッションとしても楽しまれているので、国内外を問わずに問題なく携帯・使用ができますね。

ニコチンリキッドは電子タバコで使用するニコチンが入っている液体のことです。ニコチン以外の主な成分にはグリセリンやプロピレングリコールなどが含まれています。