アンティーク家具ならではの魅力とは何か?


アンティーク家具とは?

古い家具を指してアンティーク家具と呼ぶことがありますが、実は古ければなんでも良いというわけではなく、アンティークというためには一定の条件を満たす必要があります。具体的には、アメリカの通商関税法において、100年以上の古い美術品や工芸品などをアンティークという旨が定められており、それよりも新しい家具はアンティークには該当しないのです。なお、100年以上前に作られた家具は、かなり年季が入っているため、そのままでは日常の使用に耐えられないものも少なくありません。そこで、そういった家具は職人が修理したり、必要なメンテナンスを行ったうえで、アンティーク家具として市場に出回るようになっているのです。

アンティーク家具の魅力とは?

アンティーク家具の魅力の一つは、今では使われることがなくなった稀少価値の高い木材を用いて作られているという点にあります。特に、ローズウッド材やマホガニー材は、今ではワシントン条約によって取引自体が禁止されているため、それを使った家具を手に入れるためには、アンティーク家具を購入するしか方法はありません。また、アンティーク家具の二つ目の魅力は、非常にデザイン性に飛んだ装飾が施されているものが多いという点です。例えば、異なった素材を組み合わせて家具の表面に美しい模様を描く象嵌の手法は、職人がいなくなった現代においては再現することが極めて難しくなっています。さらに、アンティーク家具は市場で高く評価されているため、家に置いておくとそれ自体が資産としての価値を有するというのも魅力であると言えるでしょう。

レアなアンティーク家具を見つけるにはフリマアプリがオススメです。アンティークショップよりも低価格で綺麗な商品が多数ありますよ。サイズなどに不安がある場合は出品者に質問することも出来るので安心です。