電子タバコのメリットは何?安全性の部分でメリットがある


電子タバコは火を使う必要がない

電子タバコは、内部にある乾燥葉や液体を電熱線によって発熱する仕組みになっているので火を使わないのが1つの特徴としてあります。つまり、ライターやマッチが必要ないという事です。これにより、どのようなメリットがあるのかというと火災のリスクを減らす事が可能ですよね。タバコによる火災は比較的多く、主な原因が火の取り扱いを間違った事です。例えば、火が付いたままのタバコが床に落ちてしまう事があり、これが1つの火災の原因となります。

しかし、電子タバコの場合は、火を使わないので火が付いたままのタバコが床に落ちる心配がないので安心です。しかし、電子タバコも電源が入っている状態だと内部は高熱です。安心せずに、利用しない時は電源を切る事が重要です。

有害物質がほとんど含まれない

電子タバコの特徴の1つに、タールなどの有害物質がほとんど含まれないことが上げられます。普通のタバコには、タールなどの発がん性物質が多く含まれています。タバコを吸っている人だけでなくて、周りにいる人も有害物質を吸い込んでしまう可能性があり、受動喫煙が問題視されています。しかし、電子タバコの場合だとこのタールなどの有害物質がほとんど含まれないので、受動喫煙のリスクが減り吸っている本人も有害物質の害を受けにくい状態になり健康面で大きなメリットです。

つまり、普通のタバコよりも安心して吸えるというのが一番のメリットです。ただ、電子タバコの歴史はまだ浅いので、製品によっては有害物質が含まれていたり、不良品などもあるので購入する時は製品の質を重視して購入します。

加熱式タバコの中でもvapeは、減煙や禁煙をしたい人に適しています。ニコチンやタールを含んでいないため、加熱すると白い蒸気が発生します。