壁面緑化の効果は地球温暖防止だけじゃなかった!


身近にある緑化の例とは

緑化は、地球温暖化の防止に役立つというイメージがありますよね。身近な緑化には家庭で行う園芸や道路の街路樹と、屋上や壁面の緑化などがあります。また都市計画のまちづくりでも、川を利用した緑道や公園の緑の充実が進められています。

植物はCO2を吸収し、光合成で新鮮な酸素を作り出します。また植物の緑は人の目にも優しく、日光を遮って日陰を作るので、人々の憩いの場の形成にも役立ちます。その緑化の一つに壁面緑化があり、建物などの構造物の壁面を利用して緑化が進めています。

壁面緑化のさまざまな効果とは

壁面緑化で建物などの構造物の壁面を覆うと、夏場などの直射日光による蓄熱が防げます。日中は建物内が涼しくて建物にも熱がこもらないので、夜間も快適に過ごせて安眠に繋がります。冬場の日光はさほど厳しくないですが、外気の冷気を壁面の植物が遮断し、建物内を保温する効果があります。これらが省エネに繋がり、ひいては地球温暖化防止に寄与すると期待されています。

その他にも、壁面緑化にはさまざまな効果があります。例えば、日光の紫外線や酸性雨などから建物を守り、外壁塗装や壁自体の劣化防止にも繋がり、修繕費用の削減もできます。また植物の緑は、人々に癒やしや安らぎを与え、生理的や心理的に良い作用を及ぼす効果があります。

更に、企業や自治体が壁面緑化を行うと利用面積が拡大するので、省エネや地球温暖化防止に、地域ぐるみで一層貢献することができます。それだけでなく、企業や自治体のイメージの向上や地域の環境意識さえも変え、街並みの景観づくりにも寄与します。

さまざまな効果のある壁面緑化を、皆で協力して推進して行きたいですよね。

壁面緑化をすれば、壁が直射日光に当たって劣化するのを防げます。また夏は涼しく、電気代の節約になります。